Apple Watch Series 5 使用後6ヶ月レビュー

デビューしてから半年ほど経過したので、
Apple Watch 5のレビューをします。

普通の時計を使っていた私が

「Apple Watchデビューに至った経緯」

実際に使用してみて

「どうだったか」
「半年使ってみての各種機能」

について述べます。

もし購入を検討しているなら
参考にしてみてください。

モデル
Apple Watch Series 5
44mm GPSモデル
スペースグレイアルミニウムケース

目次

導入経緯

前に使ってた時計が壊れてから
時計なしの生活を送っていました。

時計を新調しなかった理由は、

・前の時計が気に入っていた
・新しくするには結構値が張る

からで、
そもそも時計をしていた理由は、

・時間の確認
・アクセサリー

です。

ちなみに以前使用して時計は、
カシオのオシアナス-OCEANUS-
Manta初号機
"OCW-S1000J-1AJF"です。

・世界最薄最軽量
当時クロノグラフソーラーとして
世界最薄で、チタン製のケースは
薄くて軽くつけ心地良く、
つけ外しもスムーズ

・無反射サファイアガラス風防
硬度がダイヤモンドの次に高く
透明度が高いので
丈夫で美しく傷がつきにくい

・チタンカーバイト処理
ケース、バンドともに特殊処理
を施すことで傷がつきにくく
なっているので、
気兼ねなく使える安心感がある

・電波ソーラー
定期的に時間調整するので1秒の
ズレもなく正確で、光発電により
バッテリーを気にする事なく
メンテフリー

・デザイン
クロノグラフでありながらも
すっきりとしたデザインで
オン/オフを問わずに使用できる

このようにだいぶ気に入っていた訳で、
どうせ買うなら以前よりも機能で
劣ったりデザイン的に気に入らないの
はしたくありませんでした。

またコレだけ要望を満たすと
それなりに値段もする訳です。

とか思ってたら買えずにいました。

いっその事スマートウォッチなら
別物として受け入れられるのでは
ないかとの思いがありました。

しばらくしてApple Watchが
第5世代になりスマートウォッチとして

「一つの完成形を築いた」

と話題になりました。

それまでのApple Watchに対する
個人的イメージは

・野暮ったい
・どうせ使わなくなる
・未完成品

なんてものでした。

購入動機としては

・Series4でデザインが一新
・Series5で常時ディスプレイ搭載
・iPhone連携でスケジュール管理がしたい

といった所です。

使用感

画面の見やすさ重視で44mmサイズ
しましたが正解です。

ディスプレイは非常に綺麗で見やすく
表示によっては画面である事を忘れ
させリアルと錯覚させる程です。

腕が細い方なので心配しましたが
思った以上にシックリときて
違和感ありません

しっかりとフィットする装着感
お陰でズレないし重さも感じません

スポーツバンドを使用していますが
意外にも思ったほどチープさがなく
つけ心地が良いです。

革バンドも購入したものの

「普段使いではスポーツバンドで充分」

というかこっちの方が便利で
使い勝手抜群です。

デザイン

Series4でフルモデルチェンジをして
洗練されたように思います。

使わなくなるのが嫌だったので、
安いアルミボディにしたのですが
質感は安っぽくなく流石Appleです。

ステンレス、チタン、セラミックと
ラインナップされていますが、
上を見て比べなければ
充分美しい出来栄えです。

常時点灯ディスプレイ

Series 5より新たに採用された
常時ディスプレイですが、
個人的には必須との考えです。

すぐに時間が分からないのは
もはや時計とは言えないと思います。

時間を確認するため

「手元に目線を落とすだけ」

なんてのは自然な行為だと思いますが、
常時ディスプレイでないと
時間がわかりません。

ただ手首を傾けて時計を自分に向けても
アクティブにならないことがあります

その状態で画面をスライドしても反応せず、
向きを変えたり画面をタップするなど
必要な場合があります。

これがチョット面倒なことがありますね。

バッテリー

なんだかんだでバッテリー残量を

メチャメチャ気にします。

1日くらいしか保たないから
頻繁に気になってしまうのですが・・
出先で切れると

「愕然」とします。

わかっていた事ですが、毎日のように
充電するのは面倒臭いですね(笑)

バッテリーの保ちに関しては

「公称通り」

ではある印象です。

問題は充電のしにくさではないでしょうか?

充電にマグネット式の
専用ケーブルを必要とします。

LightningケーブルやUSB-Cならば
他と兼用できて良かったのですが…

iPhone, iPad, macbookなどと
異なる別ケーブルを持ち歩かせるのは
酷ですよ、Appleさん。

半年経って今使っているのは?

半年使った現在
今もなお、良く使用している機能は

・時刻
・通知
・スケジュール
・タスク管理
・タイマー
・アクティビティ
・電話受信
・Suica
・ボリューム

書き出すと意外と多かったですね(笑)

 

時刻

時計ですからね、
そりゃ日常的に確認しますね。
常時ディスプレイは必須だと思います。

通知

紐付けたiPhoneの通知からApple Watch
での通知を選別できます。

必要なものだけ手元に通知させ、

「手首を向けて視線を落とす」

だけで簡単に確認できるのは
便利ですね。

Apple Watchでの返信もできるには
できますが、基本的に誰から
どんな内容の連絡があったかの
確認に留めています。

正直言って返信などは
使いやすいとは言い難いです。

スケジュール

iPhoneに入れてある予定の表示と
通知がされます。

手元で通知して教えてくれるので、
良き秘書のような存在です。

常に次の予定を表示させておく事も
できるので、スケジュールをしっかりと
入力しておけば、Apple Watchに従う
だけで次の行動に悩む事もなくなります

タスク管理

タスク管理ソフトの「Things」を
入れています。

終わったタスクを手元でチェックを入れて、
消し込みしていくことができます。

また新しいタスクを入力することもできます。

1日のタスクの進捗現状が

「リングで可視化されている」

のでわかりやすいです。

タイマー

任意の時間を指定してタイマーを鳴らす
事ができます。

毎日20分間、特定のルーティーンを
実施しているので、手元でセットしての
行動は便利です。

アクティビティ

1日のアクティビティを記録して
目標値達成を促すアプリです。

活動量「ムーブ」[kcal]の赤、
運動量「エクササイズ」[分]の緑、
1時間あたり1分以上立っていた回数
「スタンド」[時間]の青からなる
3つのリングを閉じたら達成です。

適度に褒めたり煽ったりしてくれるので、
乗せられてリングを閉じると健康促進に
一役買ってくれるかと思います。

一定の記録をクリアするなど獲得条件を
満たすと、成果バッジをもらえるので、
ゲーム感覚で続けやすいように
工夫されています。

無理な目標は立てずに最低限コレだけって
数値に設定しています。

電話受信

iPhoneでいいんですが、
iPhoneよりも近い位置にあるので
反応しやすいですし、

「気付かなかったという事がなくなる」

訳です。

Suica

これもiPhoneでもいいですが、
改札で出す必要がありません

その代わり左手首にはめていると
手首を捻る必要があります(笑)

慣れると左でも問題ありませんね。
この機能のためだけに
右にして慣れるのもどうかと思うので、
改札時に体ごと捻ってます。

改札のたびにステップを踏んで
軽く踊っているような様は
周りから見るとスマートとは
言い難いのかもしれません(笑)

ボリューム

iPhoneで再生している音量調節
手元でできます。

iPhone、もしくはApple Watch単体で
再生している音声をBlutooth機器で
聞いている人も多いのではないでしょうか?

「リューズを回すだけでボリューム調整」

できるのは非常に快適です。


以上よく使う9種類でした。

Apple WatchはiPhoneと連携
させる事で

「生活の質を少しずつアップ」

してくれるアイテムです。

iPhoneで出来ないような事や
ないと困るような事は
あまりありません。

なくても困らないけど、

「あると便利で、一度使うと手放せない」

そんなガジェットです。

Apple Watch Series 5(GPSモデル)- 44mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド - S/M & M/L

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

周回遅れの人生巻き返しを図り奮闘中。
本物の情報提供がテーマ

コメント

コメントする

目次
閉じる