ディスポジター・ネットワークについて

占星術

占星学における思考のパターン

その人がどのような思考パターンを
経るかを見る技法として、
ディスポジター・ネットワークとか
ディスポジター・ツリーと言われる
ものがあります。

これは自分の
「物事に対する決定の影響」
を調べる方法です。
これを探る事で、

  • どの天体が自分に影響を与えているのか
  • どの欲求を満たせば決断できるのか

を知る事ができます。

ディスポジターというのは、
「支配星配列」と言って、
天体の支配星から支配星を辿って
いく手法です。

支配星(ルーラー)

ここで支配星(ルーラー)とは、

星座(サイン) 支配星(ルーラー)
牡羊座 火星
牡牛座 金星
双子座 水星
蟹座  月 
獅子座 太陽
乙女座 水星
天秤座 金星
蠍座  冥王星
射手座 木星
山羊座 土星
水瓶座 天王星
魚座  海王星

の関係を持ちます。

ディスポジターの特徴

支配星とサインが単体で一致した場合は
即決する傾向があります。

また天体を辿っていって最終的に辿り着いた天体は
ファイナル・ディスポジターとなります。

その星が意思決定や問題解決に大きく影響します。

このファイナル・ディスポジターがあると、
星の連携がスムーズになり
意思決定がしやすくなります。

2つの天体間で支配星(ルーラー)が
交互に行ったり来たりしている関係があります。

これをミューチュアル・レセプションと言います。

この関係性も2つの天体に関する事柄は
相互依存関係にあり、
良い結果に結びつく事が多いと言われます。

ファイナル・ディスポジターも
ミューチュアル・レセプションもなく
3つ以上の天体で輪を描き
ループする構成をとる場合があります。

この場合、物事の決断に時間がかかったり
思考のループに入り込んでしまい
決断できなくなってしまう傾向にあります。

ディスポジター・ネットワークを辿る

例としてウォーレン・バフェットの
ディスポジター・ネットワークを見てみます。

冥王星を見るとサインが蟹座ですので、
蟹座のルーラーである月をみます。
【冥王星:♋︎】→『月』

月を見るとサインが射手座ですので、
射手座のルーラーである木星を見ます。
【冥王星:♋︎】→【月:♐︎】→『木星』

木星を見るとサインが蟹座であり、
木星に戻ることになります。
【冥王星:♋︎】→【月:♐︎】←【木星:♋︎】

ここで月と木星が相互関係にあるので、
ミューチュアル・レセプションである事が
わかります。
【冥王星:♋︎】→【月:♐︎】⇄【木星:♋︎】

次に海王星を見るとサインが乙女座ですので、
乙女座のルーラーである水星を見ます。
【海王星:♍︎】→『水星』

水星を見るとサインが天秤座ですので、
天秤座のルーラーである金星を見ます。
【海王星:♍︎】→【水星:♎︎】→『金星』

ここで金星を見るとサインが天秤座であり
ルーラーと一致しているので、
この金星がファイナル・ディスポジター
である事がわかります。
【海王星:♍︎】→【水星:♎︎】→【金星:♎︎】

続いて天王星を見るとサインが牡羊座ですので、
牡羊座のルーラーである火星を見ます。
【天王星:♈︎】→『火星』

火星を見るとサインが蟹座ですので、
蟹座のルーラーである月に向かいます。
【天王星:♈︎】→【火星:♋︎】→『月:♐︎』

月と木星でミューチュアル・レセプションに
なるのは前述の通りです。

残りは土星と太陽です。

土星は山羊座であり単体でルーラーに
位置しています。【土星:♑︎】

太陽は乙女座でありルーラーを見ると
前述の水星に向かいますので、
金星のファイナル・ディスポジターへ
と流れます。
【太陽:♍︎】→【水星:♎︎】→【金星:♎︎】

IMG_CC5F98EDDDBF-1

よって、ウォーレン・バフェットの場合
ディスポジター・ネットワークは

  • 月と木星がミューチュアル・レセプション
  • 金星がファイナル・ディスポジター
  • 土星が単体でルーラー

となります。

成功者はこのファイナル・ディスポジターを
持っている事が多いと言われます。

まとめ

まとめます。
ディスポジター・ネットワーク

  • 単体
    • ルーラー
      即決、即断の傾向
    • ファイナル・ディスポジター
      思考の終着点、スムーズに決断
  • 相互
  • 補完関係にあり、強調されやすい

  • 3つ以上のループ
    思考のループ、決断に時間がかかる

コメント

タイトルとURLをコピーしました