新型iPad ProのLiDARについて

目次

LiDARとは?

新型iPad Proに「LiDAR」を搭載
と言われても何の事?
と思われる人が大半なのでは
ないでしょうか?

LiDARとは「Light Detection And Ranging」
の略で光による測距センサーの事です。

ToF「Time of Flight」と呼ばれる方式で
レーザー光の反射波から三次元距離情報を計測します。

自動車の自動運転やロボットに
使われる技術です。

既にiPhoneでもFaceIDで
「TrueDepth」というのがあります。
これもToF方式で実現している様ですし、
別に新しい技術ではないですね。

近距離の顔認識用に出力が抑えめだったのが、
長距離用に高出力のレーザーを搭載したと
言ったところでしょうか。

  • TrueDepth(前面カメラ):25~50cm
  • LiDAR(背面カメラ):数m

どうやらAppleは前面、背面とも
垂直共振器面発光型レーザー(VCSEL)を
採用している様です。

3Dスキャン

これはAppleのイメージ図な訳ですが、
点群データ(ポイントクラウド)と呼ばれるものです。

三次元の座標データの集まり
「点群」という訳です。

先ほどiPhoneの前面カメラでは
既に搭載済みだと言いました。

なので、実際にiPhoneのTrueDepthを
使って3Dスキャニングができます。

やってみた

手元にあったマウスをiPhoneの前面カメラで
スキャニングしてみました。

個人で3Dスキャンができる、
これはこれで興味深いのですが
問題は一般アプリですね。

今回背面に3Dセンサを搭載して
今後AppleはAR(拡張現実)を推して
いきたい様ですが、
今はまだ背を図るくらいにしか
使えない様です。

今後どの様なアプリが出てくるのかが
注目ですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

周回遅れの人生巻き返しを図り奮闘中。
本物の情報提供がテーマ

コメント

コメントする

目次
閉じる