心拍数を上げてポジティブになろう!

テレビやネットではショッキングで
ネガティブなニュースが連日バンバンと
流れています。

最近はコロナ関連のニュースで
ほぼ占められています。

人は恐怖を感じると、

「脳が萎縮してIQが下がります。」

ストレスホルモンが分泌して
爬虫類的な考えしかできなくなります。

ロクなことがないので、
体を動かしてポジティブな気分に
なってしまいましょう.

人間は肉体と感情がリンクしていて
切り離すことができません。

肉体の姿勢につられて
感情も変化するします。
落ち込んだ時も胸を張るだけで
気持ちも上向きになるものです。

全力で筋力を使った時には

「ネガティブになれない」

なので
筋力トレーニングをすることで
スッキリとしてポジティブになります。

心拍数を上げるには

  • 腕立て伏せ
  • 懸垂
  • 重いものを持ち上げる
  • スクワット

などが有効です。

また腕立て伏せと異なる種目や種類
の運動を交互に行って鍛える

「サーキット・トレーニング」

を行うのもオススメです。

これは結構ハードなので、
軽い所から始めると良いかもしれません。

基本的にはなんでも良いので
筋トレをして心拍数を上げると良いです。

目安として心臓バクバクする位
丁度良いと思います。

「心臓を動かすと全身に血が巡ります。」

「心臓が動けば全ての細胞が動きます。」

なぜなら心臓はポンプであり、
栄養や老廃物は血によって
運ばれる
からです。

最近生活を変えた影響もあり、
運動不足を実感しています。

ちょっとトレーニング時の負荷が
軽かったり決まった時間にできないと
疎かになってしまいがちでした。

やってはいても形だけになってしまい
意味のないものになっていることも
あったように思います。

少し喝を入れるために
筋トレを意識して少し負荷を高く
してみようと思います。

あなたも筋トレをして暗い気持ちを
吹き飛ばしてみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

周回遅れの人生巻き返しを図り奮闘中。
本物の情報提供がテーマ

コメント

コメントする

目次
閉じる